So-net無料ブログ作成

あるヨギの自叙伝-パラマハンサ・ヨガナンダ [おすすめ本]

現代の聖人である、パラマハンサ・ヨガナンダの書いたこの長編の自叙伝は、
1946年に発売され、日本では1983年に翻訳された。
すでに18カ国で訳されている、世界のベストセラー。

ビートルズのジョージ・ハリスン、エルビス・プレスリーなども影響されていたようで、
アップルコンピュータの創始者スティーヴ・ジョブズ氏も、
一年に一度読むほど愛読されていたそうです。

3388350


この本の中には、偉大な師匠、聖人、神人やアヴァター(神の化身)が数多く登場する。
そのいくつかついてご紹介します・・・。

パラマハンサの「パラマ」は最高の、「ハンサ」は白鳥という意味で、
この名前は師匠のスリ・ユクテスワにより与えられた(白鳥にも神話上深い意味がある)。
1893年インドで生まれ、1952年サンフランシスコでマハサマディに入られた。
マハサマディは、ヨギが意識的に肉体を脱ぎ捨てること。)
その後20日以上、生きていた状態の姿を保たれたということです。

スリ・ユクテスワはヨガナンダの師匠で、バガヴァッド・ギーターの最もすぐれた注釈者の一人と言われる。
スリ・ユクテスワの師匠は、ラリヒ・マハサヤ。

ラリヒ・マハサヤは33歳の時に、ヒマラヤでババジと出会って神の道を見出した。
35年間、インドの役所で勤めながら、現代の一般人にも実際に役立つ福音をもたらさし、
バガヴァッド・ギーターをやマハーバーラタの多くの深遠な意味を秘めた表現を、
比喩的表現を解き明かし、ヴェーダ信仰の科学的根拠を明らかにした。

ババジはヒマラヤにすむ神人と呼ばれる。
ババジは、数千年もの間ヒマラヤの・・・





この本の素晴らしい箇所をいつも通り引用したいのだけれど、
1日1ページとしても、524日間は毎日書き続けないといけないので・・・
これはもう、ぜひぜひぜひぜひ、読まれることをお勧めします[本]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。